相続税とは

相続税で悩まないための情報ナビ

相続税とは人が亡くなった時に支払う税金のことをいいます。支払う対象者は誰なのでしょうか?
相続税で悩まないための情報ナビメイン画像

相続税とは

相続税という言葉を聞いたことはありますか?

文字から想像できる通り相続にかかる税金になります。

ここでは、実際どんな方が対象になるのかについてお話していきましょう。

人が亡くなるとその人の財産は、家族や遺言に書かれている人に分けられる仕組みになっております。

相続税とは、亡くなった方が残した財産を相続した人や亡くなった方の遺言によって相続する人にかかる税金のことを意味します。

わかりやすく言うと、亡くなった人から財産をもらう人が支払う税金なのです。

相続税というと、すごく高い税金を支払うイメージを持っている人が多いようです。

財産家の方が亡くなった場合には、土地などを処分しないと相続税が払えないという話もよく耳にします。

支払う税金に関しては、計算方法がありますので、後ほど詳しく説明していこうと思います。

ここでは、相続税に関するいろいろな情報(関連:http://www.movilforumconference2011.com/)を紹介していこうと思っております。

色々な知識を頭に入れておくことで、もしもの時に役立つと考えられます。

将来自分の財産がどのようになるのかが気になる方にも、ぜひ目を通していただければと思います。

相続税について知っておくことで、今後の人生設計の参考にしてくださいね。